★ノックアウト

「おや、どうしました」

「ノックアウトに見られすぎて穴があきそう」

「どうぞ、続けてください。あなたの作業をみているのは実に楽しい」

「100歩譲ってそれはいいとして、さっきからそのあたりを彷徨ってる指が気になるよ…」

「バレていましたか」

「バレてないつもりだったの?!」

「いつどのタイミングで触れようかと迷っていたのですよ。その度に身構えるあなたを見ているのが楽しくて」

「楽しまれても困るからもうやめてよ!集中出来な…ひゃあ!」

「背中を撫でただけじゃないですか」

「変なさわりかたやめ…ふわあ!ちょっと、ひいっ!やめてってば!!…きゃあああ!」





[ヤンデレ|二宮和也|王国心]
リゼ