きみはわたしを救えるのです

たった一言で飼われる

誠実さの欠片もありませんね

あなたの狂気を踏みつけてみようと思いました

春を売っているのです

寂寞を好む

そうして豆を蒔く女の手を握り

どうかわたしの春を買ってください

食欲が失せたよ

夜が影を食べるので

いいえ

最低だった二人

植物園

目を閉じたのは、かなしまないため

きえたあなたがまたここに

食われるんだろう君に

おいしい食事ができたので

あなたがつめたいわ。わたしの手ばかりがあたたかいわ。

帰らないでね、生涯共に

あたらしい余生の過ごし方

うまく逆なでしておくれ

ささくれだった心に、君の指が刺さってしまえば/いばら姫の死

まるで山羊だな

人質にして

わたしばかりが世界を嬲る

こんなときくらい笑いますよ

絶望にまみれていたいのです

ここに哀切極まれり

閑話休題のような死

あんまりだよこれは

敵愾心だけは一人前だった

あなたの墓の暴き方

整列している黒いひとたち





[マクロスF|w-inds.|素材]
リゼ