真説神隠しの正体!

失踪する気配の無かった人がある日、突如として姿を消す。
まるで神隠しにでも合ったかの様に。
遭難した人や行方不明者は一体どこへ消えたのか?
まずこの概念を理解しなければ神隠しの謎は解けない。
いわゆる神隠しに合った人は、外国へ拉致されたのでも無く、自ら意識的に姿を消した訳でも無く、普通に我々の隣に存在している。
ただ、目に見えないだけ気配を感じないだけである。
一体どういう事か?
我々の住むこの世界というのは実は多次元のパラレルワールドであり、我々が今、普通に日常生活を送っている様に、我々の世界と並行して、別の世界もまた並行して存在している。
もっと解りやすく言えば、
雑誌が一冊、目の前にある
その中の一ページが我々の住む今の世界である
ページをめくればページの内容も変わる
表紙は同じでも中身、ページごとに絵も文章も変わってくる
つまりこの地球上に住む我々の世界は、自分達の世界と認識しがちだが、ページをめくれば新たな展開がある様に、見方を変えれば、今住むこの世界だけが一つの現実ではない事に気付く。
「行方不明、神隠しに合ったご家族の皆様、どうか心配しないでほしい」
失踪した人、いわゆる神隠しに合った人は、今も何事も無かったかの様に普通に生活している。
すぐ隣で!
ただこの世界に住む我々には見えないだけである。
神隠しに合った本人にしてみれば、神隠しに合った覚えも無いし、自分の知らぬ所で、行方不明だと騒がれている事も知る由も無い。
もう一度言うがこの世界は、多次元のパラレルワールドである。
平穏を願えば平穏な世界へ
破滅を願えば破滅の世界へ
この問題を理解する事が出来るなら、全ての謎は、おのずと解けるだろう。
いわゆる、「運命超能力霊魂心霊現象UFOUMA」など。
何故なら、この世界は一つではないのだから。

TOP


[V6|絶対可憐チルドレン|言葉]
リゼ