メンタルティックな詩情溢れるブリグリの世界観



【愛の愛の星】

冷たい水の滴落ちて 生まれる愛の星
眩しい光を駆け抜け来た
今見た悪い夢の中に つながるこの世界
余分な涙は拭ってあげる

流れる雲が突然形を変えてしまうように
見つけたはずの答もすぐに見失うから

明日が晴れた空の日でもwoo Baby
心に光を閉ざす暗い闇が
落ちたら連れ出してあげるYeah


よけいな感情を捨てたら 広がる無数の星
幸せと風に満ちた光

あなたの不安の空 曇らせるものの全て
壊して希望の景色 すぐ見せてあげるから

例えば強い雨の日にはwoo Baby教えて
冷たいその雨の糸から救ってあげる今すぐ

Ah 過ぎてゆく 一度も振り返らぬまま
白く咲く花に似て強く繊細な光の様に




【そのスピードで】

泥だらけの靴蹴っ飛ばした 湿った部屋の中
小さな物語を失くした夜 魔法にかけられた
一つの存在、一人の天使 私に手を振っていた
凍えた体を暖めてくれる甘いチョコレート

急いでランプを吹き消そう 限りあるこの世界に身を委ねて 鏡の中に私がいる

悲しみの翼を転がる光は月の方へ
この胸を映して星屑のように散りばめて壊して
そのスピードで

することもなくて夜も昼もあくびしたり泣いたりして
それはもういくじなしで寒がりの悪魔が胸に住んでる
もしこの魔法が解けるのなら朝に階段を一段でも昇って
手を伸ばし風を感じ雨粒を感じ鏡を叩き割るのに

心の鈍らぬうちにそう悲しい声をこの声を投げ付け
進むひたすらに息をして

光のスピードで気まぐれに星を目指して
青白い涙を月並みの言葉で飾って浮かべて
そのスピードで
夢のように気まぐれに星を目指して
青白い涙を月並みの言葉で飾って浮かべて
そのスピードで
そのスピードで




【長いため息のように】

今明けてゆく空に誓った どんな悲しみも
この手に受けて強い気持ちで感じてゆく事を

夢は現実よりも時には残酷の様で
目覚めて少し切なくて泣いた 悲しい夢だった

時々この世の何もかもがいまいましくて
後悔に埋もれた私の言葉
掃き捨てる場所見つけだせたら

I will be happy in your dream
I'll be happy in my mind
幸福の星を流して
I will be happy in your dream
I'll be happy in my mind
長いため息のように


数秒前の過去に脅えて訳も分からずに
自分を責めた 何て無益な苦しみなんでしょう

あなたがくれた本を開いてここから逃げ出そう
今や明日や現実よりも少しはマシだから

いつの日も私の答は定まらなくて
迷いに迷って遠回りして
たどり着く場所 そこで待っていて

I will be happy in your dream
I'll be happy in my mind
真実が闇の中なら
I will be happy in your dream
I'll be happy in my mind
いっそ消していってよ

銀の月の下 影を落とす 静かに…

I will be happy in your dream
I'll be happy in my mind
幸福の星を流して
I will be happy in your dream
I'll be happy in my mind
長いため息のように

I will be happy in your dream
I'll be happy in my mind
長いため息のように




【黒い翼】

闇色のペンキをぶちまけ すべて覆うとても暗い日
揺れる私の黒い羽が その記憶を闇へと消すわ

迷いを知らぬ強い風が 破れた愛など吹き飛ばすわ
BABY お願いそのまま振り向かないで


高い木の枝に腰掛けて 愛おしい影見送っていた
恋よさよならと口づけた この両手が震えているわ
小さな雨雲を広げて 隠して醜いこの涙を
稲妻よ今夜私の誕生日に現れて
どうかこの黒い翼を奪ってほしい




【Hello Another Way-それぞれの場所-】

yesterday,月光の彼方に浮かれて巻かれていたっけ oh...
say hello,それでも今は前へと進もう
突然 例えひとりぼっちになってしまっても

街を見下ろし笑う "魔法使いと青い鳥"
幻想の花を投げた 深紅の空に 祈りを胸に

let's sing a song! "hello! Another Way!"
あなたの空 いつの日か 例え離れても
愛してるわ big kiss for my friends! いつも味方よ

yeah,sing a song! "hello! Another life!"
いつかは旅立っていく それぞれの場所へ
でも今は側にいて… 巡りくるその時まで


rainy days, 自分の弱さ立ち止まる度に 流した涙の雨
少し強くなっても 覚えていてほしい
不安な時には 必ず勇気をあげるから

空想の闇を抜けて やけに眩しい夏を背に
追いかけた真昼の月 溜息をつく空の高さに…

let's sing a song! "hello! Another Way!"
手を伸ばして 夢見るの 今は遠くても
信じたい きっといつかは 叶うと決めているから

let's sing a song! "hello! Another Way!"
今ここまで 来れたのは あなたがいたから
逢えてよかった thank you for my friends! いつも味方よ

yeah,sing a song! "hello! Another life!"
いつかは旅立っていく それぞれの場所へ
でも今は側にいて… 新しい朝が来るまで




【サヨナラ summer is over】

粉雪が舞い降りた午前5時
まだ眠い目をこすって

大きなトランクに服を詰めて
髪も直さず出掛けた

駅までの見慣れた景色と
思い出が胸を締め付けていた

貸していた小説なら燃やして
切実なる想いと一緒に

夏は終わったから


支えきれぬ思い出を束ねて
空へと投げた サヨナラ…

草の上二人で見上げた
夏の空とても大好きだった
手を伸ばしあなたに触れたい
苦しくて二度と叶わない夢なら見たくないのに

先週書いたメモを破って
果たせない約束と一緒に

夏は終わったから

風が吹くたびに心が沈むけれど
今は涙の夕べに身を焦がして
祈る やがて来る朝日にこの光に
揺れるオレンジの景色を目に焼き付けて




【冷たい花】

傷つけあうくらい愛していた
夢は絶望になった 知らぬうちに
刺し込む光がすきま風が
濡れた頬に痛く染み入るよう

どうせ明日という日はあって
何かが満たしてゆくの いつの日か
根拠のない小さな新しい夢
手の平に感じてるの

I'm feeling myself again
I'm feeling better now・・・
ゆりかごを揺さぶる風
I'm feeling myself again
I'm feeling better yeah・・・
振り返るように夢から覚めた

清らかな心でぶっ潰したい
夢も希望も捨てた 自分の手で
怖れていたもの何だったっけ そう
今はもうわからないしわかりたくもない

ここからまた日は昇って
この空に痛切に何か感じても
想い出と切なく語らうことが
何の役に立つってゆうの

I'm feeling myself again
I'm feeling better now・・・
大切に壊したい
I'm feeling myself again
I'm feeling better yeah・・・
冷たい花を蹴り散らすように

I'm feeling myself again
I'm feeling better now・・・
ゆりかごを揺さぶる風
I'm feeling myself again
I'm feeling better yeah・・・

振り返るように夢から覚めた

I'm feeling myself again


I'm feeling myself again
I'm feeling better yeah・・・
冷たい花を蹴り散らすように





[聖闘士星矢|中島裕翔|夢小説]
リゼ