真説!想念空間記憶現象の正体!

空間には、その場に起こった出来事を記憶する性質がある。

ただし永久では無い。

ほんの一瞬、限られた時間に、人間の強い感情が絡まった時、空間に記憶される。

例えば、自殺・他殺・事件・事故、これらは被害者も加害者も強烈な感情と念を放出する為、その場に残りやすい。

人の念はあらゆる物にしつこく粘着する。

人・動物・機械・天候・自然にも影響を及ぼす。

人の喜び動物にも伝わり
人の怒り天候をも左右し
人の哀しみは社会を不安定にし
人の楽しみ社会を豊かにし
人の心は身近にある電化製品から自然災害にまで影響する。

これはでも同じ事が言える。

強い想いを遺して命を亡くせば、その場から離れられずにその場に留まり、自分が納得するまでさ迷う事になる。

その時、人の念を空間が記憶する。

記憶された念は上書きされるまで残る。

人の念とは幸福を願えば前向きに進み夢は叶う

不幸を念じれば呪いとなって生き霊を生み出す

災いは一巡りして自分に返ってくる

空間は人々の念によって、絶えず記憶しては上書きを繰り返している。

TOP


[ブリーチ|神田|子育て]
リゼ