真説!遠洋マグロ漁船の正体!

マグロ漁船は半年の航海で、700から800万円稼ぐ事が出来るが、そのかわり強烈な肉体労働と閉塞された空間が心身を蝕む。

労働時間は一日20時間以上にもなり、漁の最中に、指を巻き込まれて切断したり、太い釣針が首を引っ掛けたりと大怪我を伴う。

船内を見渡せば、自分の寝床が唯一の居場所であり、漁が終わった一日の夜は、酒・トランプ・カードの博打で時間を潰す。

乗組員の構成は、カタギの世界に戻れない多重債務者や犯罪前歴者が主である。

故に拳銃・麻薬密輸・人身売買・臓器売買に手を染めるマグロ漁船もある。

そんな船内で起きてしまう事と言えば殺人である。

乗組員の積み重なる疲労で、些細な事でも喧嘩となり、殺傷事件へと発展する。

だが表沙汰にはならない。

何故なら、いったん海へ出れば何をしようがバレる事は無いからである。

乗組員は普通の世界では生きられない、アウトローの集団であり、暗黙の了解で事件にならない殺人事件が存在する。

死体は事件と共に海の藻屑と消えてしまう。

TOP


[色鉛筆|遙か|歌手]
リゼ