真説!中国という国の正体!

はたして中国の真の目的は何か?

米国にとって代わり超大国を目指すのか?
それともアジアの地域大国として、途上国の代表で居座り続けるのか?

そもそも何故ここまで急発展したのか?

尋常では無い成長率で拡大してきた中国には、何か独自の法則があるのか?

考えられるとするなら只一つ。

それは中国の国土面積にある。
この広大な中国大陸、チベット自治区新彊ウイグル自治区に隠されている。

チベットもウイグルも実際は、自治も権限も無い
例えばチベット領土は、中国全体の1/4、日本の約10倍であり、チベットに対して弾圧するのは、単にこの大きな領土を手放したくないからである。

中国政府は、売春と麻薬をチベットに送り込み、チベット人のアイデンティティ精神を破壊し、侵略を正当化している。
これが、いわゆる「西部大開発」の実態であり、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世」の事を「僧侶の衣を着た狼」と非難し、世界へ向けて、悪いのはチベットであるかの様に情報統制している。

中国自身は自身のイデオロギーの奴隷になり、共産党幹部は、失脚を恐れ、自分達の失政に気付いていない。

中国には人権など無く、犯罪者は虫けら以下である。

日本に密輸される覚せい剤の多くは、北朝鮮中国で製造される。

監獄では、強制労働性的虐待日常茶飯事である。

経済発展の為ならば環境破壊には目をつむり、砂漠化・近隣諸国への黄砂被害などは、見て見ぬふり・知らん顔である。

こんな非常識な国が何故ここまで発展できたのか?

ここからが核心部分である。

2003年10月15日
中国は初の有人飛行宇宙船神舟5号」の打ち上げに成功した。

これは何を意味するのか?

アメリカ・ロシアに次ぐ3番目の有人飛行宇宙船打ち上げ国になっただけでは無く、これは「UFOテクノロジー」を既に手に入れている事を示す、象徴的な出来事である。

現に、この「神舟5号」打ち上げ時には、ロケットの傍らにUFOが出現する事態に発展している。

この出来事は、中国公式の全ての公開写真にも、はっきりと写っており、明らかにUFOはロケットを監視していた。

中国には、もはや「地球外知的高度技術」が存在する。

情報統制している中国は、当然何かが、不時着墜落したとしても、一切、公にはしないだろう。
これは広大な国土を抱える中国だからこそ、手に入れられた貴重な技術であり、そこを深く探って行くと、チベットを不法侵略して、漢族との同化政策を強引に推し進める中国の秘密チベット)がそこにはある。

TOP


[CP|うみねこのなく頃に|宮城]
リゼ