ユア ラヴァー





※骸♀&裏注意。








君がどこから来たのか、
そんな今更な話はもういらない。

君も僕が欲しいんでしょ?







「ん…ン、ふ。」

「んー、べろちゅー上手くなったんじゃない?」

「っふ、はぁ…はぁ。」

トロンとしている視界を頼りに白蘭にしがみついて呼吸を整える。
彼のテクニックには毎回負けている自分が初々しく思えてきた骸は、羞恥を知らない体に絡んで更なる彼をねだった。

躰が熱くてしょうがない。
一種の生理現象だとわかっていても快感に溺れたくてたまらない。
愛されてなくても構わない。




「ふァ…ン、ャ…。」

「やっぱり可愛い。」

「ひァっ」

「ほら、気持ち良いんでしょ。」

白蘭は骸の乳首をぐにぐにと揉んで豊富な胸を揺らす。
熱が漏れだしている孔に指を引っ掛ければぶるっと震えて愛液を撒き散らした。

汚いとは思わない。
逆にこの先を想像してしまう程綺麗だと感じる。
彼女が自分の名前を喘ぎ、とろけるように熱い孔から垂れる唾液。
自分に合わせて腰を揺らす淫らな姿。

こんな境遇にいたら誰だって思考は同じはず。
既に濡れている孔に指を挿れれば熱い肉壁で締め付けてくる。
擦ったり爪をたてたり、軽く引っ掻いてみたりして骸の腰の揺れ具合を確認した。




「あぅっんはァ、ア…ぁッ」

「へぇ、擦られるのが好きなんだ。」

「っはげし…ッあぅっ」

「お褒めの言葉ありがと。」

嘘はダメだよ。
嘘はいけませんね。
激しいのが好きなくせに。
止めないで、もっと豪快に。
キスしていいかな。
キスもまだまだ物足りない。
優しくしたらもっと鳴くよね。
痛いのは嫌いですよ。

ベッドがギシリと軋めば上機嫌な白蘭が骸に覆いかぶさって影を濃くする。
至近距離で見る彼の顔に心臓がとくんとときめいたのは秘密。
骸は自分の手で白蘭の頬を引き寄せて強くて深い交わりを開始した。




「ん…ンん……びゃく、ら。」

「、せっかちだね。」

「んンッぁ、はぅうっ」

キスを交えながらも下の愛撫は忘れない。
孔をくぱあと広げて亀頭を差し込めば、ふるふると赤い胸が震えて理性を誘った。

やーらしいんだから。




「んっ…、出るものもよく尽きないね。」

「あな…た、ほど‥ではッァっ」

自分の亀頭から溢れる精液と相手の漏れだす愛液を掻き混ぜるように少しずつ突きながら奥へ奥へと進んでいく。
突かれるたびに過剰に反応する腰と胸、見ているだけで達してしまうほど浅くはないが、気を抜けば危ないくらい厭らしい。




「ふァっあ…はぅッ」

「っ、らしく…ないね。」

「ンゃぁああッァっあっアッ」

「この僕がっ」

限界、なんて。

耐え切れず途中から一気に突いてベッドをギシギシと軋ませる。
腰が砕けそうなぐらい激しく速く、骸も無我夢中に白蘭を求めた。

そして1瞬力が抜けたと思ったら熱い液が流し込まれて体はビクビクと震え上がる。
収まり切らない精液はシーツに垂れて、ペニスを出してもぴゅくぴゅくと湧き出てきた。




「は、ふ…ぁ。」

呼吸をするたび胸が動く。
少し泣いてる骸の頬に手を寄せれば首に腕をまわしてきて。
白蘭は誘われるがまま、唾液でたっぷりと濡れた彼女の唇にそっと自分の舌で舐めてそれを合図に舌を絡ませ合った。




In tonight
(急がないで、夜はこれから)
(君が僕を好きになるまで)
(愛し合うための時間はとるから)



******
KAT/TUNの「LOVE JUICE」から少しだけ引っ張りました。
次はノーマルで書いてみたいです。

09,04/02
戻る
リゼ