ヤンデレ台詞81~100
「俺以外の奴に笑むな。俺以外の奴と楽しそうにするな。俺以外の奴と一緒に居るな。全部全部俺とだけにしろ」
「どうしたんだよ…俺はお前の為を思ってやってるのに…何が不満なんだ…?」
「今日の飯には、特別な肉を使ってるんだ。え?何の肉かって?…秘密。」
「言っただろう?お前を一人にはさせないって。…さあ、逝こうか」
「昔の可愛いお前はどこに行ったんだろうな…躾、し直さないとな」
「何で僕以外と話すの?意味わからない。僕以外と話すそんな口は、いらないよね?」
「俺がどれだけお前のことを愛しているか分かるか…分からないだろうな。俺の思いを踏みにじっているお前には。」
「あの子にGPSつけよっかなあ…」
「やっと二人っきりになれたね」
「全て殺せば、解決するよね?」



「どこ、行ってたんだ?」
「私は貴方のこと何でも知ってるのに、貴方は私のこと、全然知らないですよね…」
「逃げても無駄だよ、って言ったのに…」
「俺の視界から一秒でもいなくなるの禁止。おいで」
「君のいない世界なんて、無に等しいんだ」
「ねえ、君は何が嫌い?何が好き?俺は、君の理想に成り代わってでも…」
「離れる…なんて言って俺の気を引きたいだけだよね?大丈夫、嫌と言っても離してあげないから安心しなよ」
「お前を閉じ込めて、誰の目にも触れさせたくない…」
「俺のこと愛しているのなら、俺のために死んでくれよ」
「キスして、酸欠で死ねたらロマンチックだよな」


- 5 -
[*前へ] [#次へ]
戻る
リゼ