ヤンデレ台詞41~60
「貴方には笑っていてほしいだけなのに、」
「どこに居ても、何をしていても、私は全て見ていますから」
「嫌だ、止めて!そんな言葉聞きたくない!」
「…は、…これ、私がやったの…?ぁ、ああ、ごめんなさい、ごめんなさい…」
「これからは私が貴方の全てを管理してあげるね」
「やっと貴方を手に入れた…これからはずっと私だけを見ていて?」
「これから貴方は私の物。貴方の時間は全て私が戴きます……構いませんね?」
「黙れ、お前を生かすも殺すも俺の勝手だ。そう簡単に死は選ばせない」
「好き、大好き、愛してる。俺から離れたりするなよ?」
「安心しろ。お前を怖がらせるような奴は、俺が消してやるから。これからも」



「どこに行くつもりだ?外は危ない、もうあんな目には遭いたくないだろう?」
「そんなに怯えんなよ、なあ」
「…あんまり、他の男の話は聞きたくないな」
「俺のことだけ見て、俺のことしか考えられなくなればいいよ」
「今、アイツと何を話していたんだ?」
「俺を拒むなんて君の意志じゃない…誰かに言わされているんだろう?」
「空気はいいよなあ、君の体の中に入っていけるんだから」
「どうして泣くのどうして逃げるの、どうして解らないの?」
「安心しろよ、もう誰も、いないんだから」
「どうして、ですか…?やっぱり、私では、駄目…なんですか…?」

- 3 -
[*前へ] [#次へ]
戻る
リゼ