キャッシングの審査では与信をつけるかどうかを3つの枠から判断するのが今の主流です。

1. 申込者の属性
2. 総量規制にふれていないか
3. 他からのからの借入状況と過去の取引
の状況

これがアコムの審査では第一段階の「借入診断」 になります

ここでは個人名の入力は必要ありません。

1は、年齢制限ひひっかかるか

2は他社利用の件数と金額

3は金融事故の有無

です。

ここで借入れ可能であれば与信額をつけるためにさらに細かく

1. 申込者の属性
2. 総量規制にふれていないか
3. 他からのからの借入状況と過去の取引の状況


を調べます。

アコムの審査もプロミスの審査でも落ちる理由はどれかにひっかかって、


・返済に不安あり

・与信額がつかない


と判断され審査に通らないのです。
でもプロミスよりはアコムのほうが審査が通りやすいのはデータが示しています
http://doyouchoose.com/

1〜3までを細かく説明しましょう


1の申込者の属性とは

申込み者の氏名、生年月日は当然ながら


きちんと返済できるがを判断する材料として


勤務先の名前、住所、業務内容、規模

勤続年数 月収、年収


現在の自宅が賃貸なのか、持ち家か?


何年居住しているか


誰と住んでいるのか?


固定電話の有無



2. 総量規制にふれていないか

2010年に貸金業規制法が施行され、「総量規制」により(個人は)年収の3分の1以上の借り入れができなくなりました。
多重債務を防ぐ目的で収入と借入金額の割合がになったのです。
(総量規制についてもわかりやすく解説してあるので参考までに)



3. 他からのからの借入状況と過去の取引の状況

2の総量規制に関係している部分が多く他社からの借入状況、過去の取引の状況があります。

個人の信用取引はすべて信用情報機関に、消費者金融や銀行などからの借入に関する情報や、クレジットカードの利用履歴などの情報が一括で登録されています

個人がいつ、どんな取引をしているのか、1人1人の情報が管理されています

アコムでも個人信用情報機関の情報を重要視しています。

ここで与信がつくのです


消費者金融業者は、いくら貸し付けをするかではなく、いかに貸し倒れのリスクを避けるかに重点をおいているのですよ。

つまり、プロミスよりはアコムのほうがリスクをとるので、審査に通りやすいのです

パート・アルバイトの方もOK!

アコムアコム>24Hお申込OK

即日融資も可能








プロフ



合計:1285

■信用情報機関■

消費者金融信用情報機関
全国信用情報センター連合会
http://www.fcbj.jp/index.html
銀行信用情報機関
全国銀行協会
http://www.zenginkyo.or.jp/
クレジット信用情報機関
(社)日本クレジット産業協会
http://www.jccia.or.jp/
クレジット信用情報機関
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/index.html
外資系クレジット及その他の信用情報機関
株式会社シーシービー
http://www.ccbinc.co.jp/index.html


[広島|つるの剛士|純愛]
リゼ