たまにはまじめにお金の話を。
 2019.09.12 Thu 14:55
「ロミオとジュリエット」の3回めの稽古の昨日、見学者さんがありました。しかもお二人。
いつも思いますが、劇団稽古場なんていうアヤシイ場所に来てくださることって、とっても勇気がいることです。来てくださって本当にありがとうございました!

ご質問もいただいたので、こちらにも少し書いておきますね、お金のこと。

まず、団費は月3,000円です。
18才の3月までの人は無料。
入団しておよそ2ヶ月はお試し期間で、その期間は団費ナシです。

チケットノルマも広告取りノルマも資金集めのイベントもありません。

つまり、みんなの団費と年2回の公演のチケット収入で全てをまかなっています。

また、公演に必要な、衣装や小道具、化粧品、カツラ、クリーニング代などは、全て劇団の経費を当てています。個人負担になることはありません。

もちろん、儲かっていません。
みんなの、お芝居したい!お芝居楽しい!っていう気持ちだけで運営しているようなものです。
でも、それが結局、市民劇団としては、ひとりひとりの負担が少ないんじゃないかと思います。

例えば、私Uが資産家だったら、所有の土地にお洒落なアトリエを自費で建てて、そこで稽古して、おやつの時間には、マダムな雰囲気の私が、これまたお洒落な食器でお紅茶とお取り寄せスイーツをみんなに振る舞う、なんてこともできるんでしょうけどねえ。
で、稽古中も長毛種の猫を膝に乗せて、なでなでしながら優雅な言葉でダメ出しして、時には高級クリスタルの灰皿を投げる‥‥‥??

ま、妄想はこれくらいにして。
昨日の見学者さんとは共通の知人がいることもわかり、なんだかちょっと嬉しい気持ちの私たちです。ぜひまた来てくださると嬉しいです。

コメント(0)

[*前へ]  [#次へ]



戻る
[お洒落|写メ|]
リゼ