兎と狼(2/2)
 安藤優汰。同じクラスの男の子。名前に似合わない凶悪な顔をしていて、口も悪い。
 彼の実家は名のある極道だとか、小学校の頃に人を殺して、最近まで警察のお世話になっていたとか……。とにかく、悪い噂の絶えない人だ。
 ちなみに2つ目の噂が嘘なのは知っている。だって小・中・高と同じ学校なのだ。クラスが同じになったのは初めてだけど。1つ目については知らない。私は基本的に他人には興味がないのだ。
 彼にはあだ名もたくさんある。「人殺し」、「殺人鬼」etc...確か「暗黒皇帝」というものもあったかな?ゲームかよ!って思ったのを覚えている。
 噂にせよあだ名にせよ、良いものなど1つもない。そんな彼が―――


「す、鈴木!?」


 怪我した動物を助けようとして、腕を噛まれながら(血が出てる)、必死に治療している。しかも、私に見られたのが恥ずかしいのか、顔が真っ赤だ。

「ぶふっ!!」

 そんな彼を見て、どうして笑わずにいられようか。

「鈴木、テメェ、何笑って……!」

 ぱっと見は凄く、それこそ三日三晩悪夢に魘されそうなほど恐ろしい顔だ。でも―――


「そんな真っ赤な顔で言われても……。安藤くんって意外と可愛いね。」
「かっ……!!」


 私の言葉に真っ赤になる安藤くんに、むくむくと欲が沸き起こる。



 欲しい―――――。



 今まで白黒だった世界が鮮やかに色付く。

「ねえ安藤くん、手伝おっか?」

 にっこり。いつもの作り物とは違う、本物の笑顔。

「………………頼む。」




 これが私と彼の、初めての会話。
- 2 -
[*前へ] [#次へ]
戻る
リゼ