9

一人でぐじぐじしているのは性に合わない。

こうなったら意地でもその気にさせてやる!










作戦その1

「スキンシップ」


「なぁ、マッカイ…」

モフッ。


「なんだぁ?今日は甘えただなぁ」

モフモフ。

こう、あれだ。
しなだれかかるってヤツだ。

肌が触れ合うことでドキドキが…

モフモフモフモフ。

あー癒やされるー…

「ん?ヨイチ寝ちまっただか?」


スキンシップ作戦、失敗。



作戦その2
「お色気」

俺はアレだ。
自分で言うのもなんだが、学校では抱かれたいランキング1位を取ったくらいだ。
容姿にもそこそこ自信があるし、色気だって…


「ん?どうしたヨイチ、シャツ捲って髪の毛掻いて?暑いのか?」


…相手が獣人であることを忘れてた。

こいつらどこに色気を感じるのかわからん!!!


お色気作戦、失敗。




作戦その3
「こうなったら直球」


態度で示してもダメなら仕方がない!

だいたい少女漫画とかで仲がこじれる原因は会話が足りねーからなんだよ!俺は言ってやるぞ、ビシッと!





夜、食事を済ませてからマッカイと正面に向かい合って座る。

「なぁ、マッカイ」

「ん?なんだぁ?改まって?」

い、いざ口にすると気恥ずかしいものがある。
だが、ここで負けてはいけない。


「ああああ、あのな、一応俺ら番なわけだし、俺ふたなりだから子ども産めるし、何にもヤラないってのは…あ!いや初夜自体は俺の誕生日ってことでもいいけど、ここまで何にもないと不安になるというか…!」



おあおおぅ!
言ってやったぜ!


「ヨイチ…」

おう。

「気持ちは嬉しいんだけんど、オラヨイチさ大切だからそういうのも大切にしたいんだ。それにそういうことしなくたって一緒にいるだけで、嬉しい…不安にさせてごめんな…」



マッカイ…





直球作戦、失敗。












- 10 -
[*前へ] [#次へ]
戻る
リゼ