2/20
 そう、『異世界』のお話です。

『異世界』とは、動物村がある動物の森の、そのまた外にある不思議の森や、その不思議の森を越えたところにあるという、ガラスの森をも越えた所にあるらしい、どこか遠くの知らない世界のことです。

 そこには、キリコたちとは違う動物が住んでいるらしいと、最近動物たちの間で、もっぱらのウワサになっていました。

「『異世界』って、本当にあるっキかな?」

 キリコをはじめ、動物村に住む動物たちも、『異世界』についてたくさん話してみたり考えてみたりしましたが、いまだに分からずじまいです。

 しかし、自分たちが知らないものを考えるということは、とても楽しいことでした。

 そよ風さんたちも、『異世界』のうわさ話が大好きです。

「それでね、その世界には『ハロウィン』っ
てお祭りがあるらしいのよ」

 そう最初に言ったのは、つい最近、この動物村にやってきたそよ風さんでした。

「『ハロウィン?』聞いたことがないな」

 秋風さんが言いました。キリコも聞きなれない言葉に首を傾げました。全く知らないお話です。

「あのね、私も良く分かんないんだけどね」
 そよ風さんは、ハロウィンについて知っている限りのことをみんなに話して聞かせました。
[*前へ] [#次へ]
戻る
リゼ